パスモ(PASMO)・オートチャージクレジットカード

パスモ(PASMO)とクレジットカード案内
トップページ | パスモ(PASMO)の種類について | パスモ(PASMO)の購入方法について | パスモ(PASMO)の使用方法 | パスモ(PASMO)のポイント  | オートチャージについて

<スポンサードリンク>
 
 

パスモ(PASMO)の種類について

パスモ(PASMO)」は、大きく分けて「プリペイド型パスモ(PASMO)」「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」の2種類があります。
「プリペイド型パスモ(PASMO)」は、各駅に備え付けられている発券販売機でいつでも現金購入することができます。「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」はクレジットカードで自動的に入金できます。

「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」を利用する場合は、「パスモ(PASMO)」と提携するクレジットカードが必要となり、クレジットカード申し込み時に「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」も申し込むことができます。 「オートチャージ機能付きパスモ(PASMO)」は「プリペイド型パスモ(PASMO)」とは別途の専用カードとなっています。

「プリペイド型パスモ(PASMO)」は、「無記名パスモ(PASMO)」「記名パスモ(PASMO)」「パスモ(PASMO)定期券」「小児用記名パスモ(PASMO)」「小児用パスモ(PASMO)定期券」があります。
「パスモ(PASMO)定期券」以外の「無記名パスモ(PASMO)」と「記名パスモ(PASMO)」の発売額は1000円・2000円・3000円・4000円・5000円・10000円となっています。
発売額にはデポジット(預かり金)500円が含まれています。したがいまして、利用可能額は「発売額−500円」となります。
(例:発売額1000円の「パスモ(PASMO)」の場合は、利用できる金額は500円となります)
デポジット(預かり金)は、運賃や電子マネーとして使うことはできませんが、「パスモ(PASMO)」を返却したときにデポジット(預かり金)の500円は返されます

無記名パスモ(PASMO)

無記名パスモ(PASMO)「無記名パスモ(PASMO)」は購入した人以外の人も利用可能です。無記名で利用者が特定されませんので、家族で1枚のカードを利用できますし、知り合いや会社などの団体で複数人で1枚のカードを利用してもかまいません。「無記名パスモ(PASMO)」の注意点としては、紛失した場合に残高の返却や補償がされません
また小児用の「無記名パスモ(PASMO)」はなく、小児が使用したとしても大人料金で精算されます。 購入後に希望すれば「記名パスモ(PASMO)」や「小児用記名パスモ(PASMO)」「パスモ(PASMO)定期券」への変更はできます


記名パスモ(PASMO)

記名パスモ(PASMO)「記名パスモ(PASMO)」は購入の際に、氏名、性別、生年月日などの登録をし、記名人のみが利用可能となります。紛失した場合には残高がそのまま補償されて再発行されます。(再発行手数料が必要となります)
「記名パスモ(PASMO)」で定期券を購入すると「パスモ(PASMO)定期券」になります。逆に、定期券を払い戻したり、消去したりすると大人用「記名パスモ(PASMO)」になります。
また「無記名パスモ(PASMO)」購入後に、利用者の情報を登録することによって「記名パスモ(PASMO)」へ変更することができます。ただし、「記名パスモ(PASMO)」から「無記名パスモ(PASMO)」への変更はできません。


パスモ(PASMO)定期券

パスモ(PASMO)定期券「パスモ(PASMO)定期券」は、「記名パスモ(PASMO)」に定期券情報を追加したパスモ(PASMO)となります。購入の際に、氏名、性別、生年月日などの登録をし、記名人のみが利用可能となります。定期券区間外を利用した分の運賃や、乗り越しの場合の運賃は、チャージ(入金)しておいた残高から自動的に精算されます
「パスモ(PASMO)定期券」には発売できない種類や区間(JR東日本との連絡定期など)の定期券もありますので、詳しくは購入する際にお問い合わせください。
※パスモの「バス定期券」は印字されません。

「小児用パスモ(PASMO)定期券」も、基本的には大人用の「パスモ(PASMO)定期券」と変りません。 12歳の4月1日以降は「小児用パスモ(PASMO)定期券」を使用できないのでご注意下さい。


小児用記名パスモ(PASMO)

小児用記名パスモ(PASMO)「小児用記名パスモ(PASMO)」は購入時に、住所や氏名、性別、生年月日などの登録をし、記名人のみが利用可能となります。また購入時に本人確認が必要となります。
紛失した場合には残高がそのまま補償されて再発行されます。(再発行手数料が必要となります)。
「小児用記名パスモ(PASMO)」で定期券を購入すると「小児用パスモ(PASMO)定期券」になります。逆に 定期券を払い戻したり、消去したりすると「小児用記名パスモ(PASMO)」になります。



★お薦めのPASMO(パスモ)オートチャージクレジットカード


★ANAマイルを貯めるならPASMO(パスモ)オートチャージは「ソラチカカード」を
ANA JCB 東京メトロToMeカード(ソラチカカード)

  オートチャージパスモ対応クレジットカード
 京王電鉄 京王パスポートVISAカード
 東京メトロToMeカード
 小田急電鉄 小田急OPカード
 JALカードOPクレジット(小田急電鉄)
 東急電鉄 東急カード
 JALカードTOP&ClubQ(東急電鉄)
 西武鉄道 西武プリンスクラブカード
 東武鉄道 東武カード
 京浜急行電鉄 京急カード
 京成電鉄 京成カード
 相模鉄道 相鉄カード
 「 ビュー・スイカ」カード(JR東日本Suica)
 ANAカード VISA Suica(JR東日本Suica)
 JALカードスイカ(JR東日本Suica)
 パスタウンカード JCB
 パスタウンカード 三井住友VISA
パスモ(PASMO)について
 パスモ(PASMO)の種類について
 パスモ(PASMO)の購入方法について
 パスモ(PASMO)の使用方法
 パスモ(PASMO)のポイント
 オートチャージについて
 都営交通ToKoPoポイントについて
 Suica(スイカ)との相互利用について
関連リンクと姉妹サイト
 パスモ(PASMO)オフィシャルサイト
 パスモ(PASMO)参加事業者リンク
 ポイント比較で選ぶクレジットカード
 ETCカード比較 お得で人気はこれ!
 お得なガソリンカードを比較で選ぶ!
お問い合わせと相互リンク
 相互リンク募集とお問い合せ
 お役立ちリンク集(1) (2)
 イオン Suicaカード(JR東日本Suica)



▲このページのトップへ

 
Copyright(c)2007-2008 パスモ(PASMO)とクレジットカード案内 All Rights Reserved.